カテゴリー:私たちのこと

地方創生に資する「地域情報化大賞」

3月6日、総務省の地方創生に資する「地域情報化大賞」表彰式にて当会のGIS、AR技術を利用した「防災まちあるき」が特別賞をいただきました! (総務省ウェブサイト)

 

同日開催された地域ICTサミット(主催:総務省、慶應義塾大学SFC研究所、国際大学GLOCOM、日本経済新聞社)におけるパネルディスカッションの末席に加えていただいただきました。

基調講演は、全国896の自治体が「消滅可能性都市」に該当する、との報告を出された日本創生会議座長の増田寛也氏からで、7団体から3分間ずつのプレゼンテーションがあり、その後、生産年齢人口の確保、働く場の創出、技術と人の融合など、多様な観点についてディスカッションが行われました。

石巻市も「消滅可能性都市」(2040年に20-39歳女性人口が5割以上減少)に該当していますが、全国94件の応募の中から特別賞に選んでいただいた試みを発展させ、東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市の「地方創生」に取り組んでいきたいと思います。

UN_DRR2015_logo bnr-civilsociety

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAG

« »