カテゴリー:私たちのこと

大崎市大雨災害支援

9月11日の大雨災害により堤防が決壊した大崎市を視察し、当会代表理事は大崎市社会福祉協議会・石巻市社会福祉協議会・大崎青年会議所等が集まる打合せに参加し、専務理事はドローン/UAVによる空撮をさせていただきました。

大崎市では明日から災害ボランティアが募集されることとなり、大崎青年会議所は災害ボランティアセンターの補助をされるため、当会は、災害ボランティアセンター補助のため、大判マップを出力して準備しました。
台風18号による大雨災害に伴う『災害ボランティア』の募集について
(大崎市社会福祉協議会へのリンク)

渋井川決壊場所からの冠水は続いていますが、堤防復旧工事が開始されており、少し下流の排水機場ではポンプにより大量の水が排水され、少しずつ水が減っている印象でした。このような災害支援の現場では、マルチコプターの有効活用が進むと良いですね!

※国土交通省北上川下流河川事務所の許諾を得て撮影しています。

4年半前の東日本大震災の時には、大崎市から迅速な支援をいただきました。この機会に、少しでも恩返しをさせていただければと考えております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAG

« »