カテゴリー:私たちのこと

石巻仮設住宅自治連合推進会定例会

昨日、21日(金)石巻専修大学を会場に「第13回 石巻仮設住宅自治連合推進会定例会」が行われました。

今回は、市役所の復興住宅課の方を招き、「災害公営住宅の計画概要を、自治連合会の加盟自治会以外の住民さんにも、直接聞いていただける機会となりました。

市報で広く来場を呼びかけられ、いつもの2~3倍以上ありそうな教室をお借りして開催されました。

災害公営住宅について「どこに建つの?」「いつ入居できるの?」「家賃はいくら?」等を話していただきましたが、今回の説明により、将来の不安が少しでもやわらげばいいですね。

その後は、通常の定例会の議事を進行です。

市役所の被災市民生活支援課、警察署生活安全課、社会福祉協議会災害復興支援対策課、そして私共、みらいサポート石巻がそれぞれの立場から連絡事項を紹介しました。。

みらいサポート石巻からは、連絡会参加団体の協力で出来上がった「仮設住宅団地での活動に関するご案内」の紹介と「備品の貸し出し」について、お話しさせていただきました。

今年最後の定例会でしたが、今回は「災害公営住宅の計画が見えてきた」ことが大きな変化ではないかと感じました。
まだまだ時間はかかりますが、少しづつ前へ、一歩一歩進んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAG

« »