震災の語り部

■語り部の時間
 当団体の語り部プログラムは2011年9月末よりスタートいたしました。当初は、車座での語り部さんの講話のみを行っていましたが、 石巻の状況が変わっていく中、来場者の要望にもふまえたプログラムを追加し、現在は5つのプログラムを提供しています。

◎プログラム内容◎
◇メインプログラム
①語り部講話:ホールの中で津波映像の視聴や、3.11の震災を経験した方々に体験を話していただきます。(所要時間:約60分)

◇オプションプログラム
②車中案内:お客様のバスや乗用車にスタッフが乗車し大きく被災した地域を中心にご案内いたします。
(所要時間:約60分)
③防災まちあるき 石巻津波伝承ARアプリを使用し、スタッフが同行しながら歩いてご案内いたします。
(所要時間約90分)

◇特別プログラム(ご要望に応じて調整)
④語り部さんと歩く3.11:小、中、高校生を対象にした限定の防災教育プログラムです。小さなグループに分かれ、語り部さんが震災直後にたどった道を一緒にあるき、その時の体験を共有します。歩いた後は、ノート等にまとめる振り返りの時間も設けます。(所要時間:徒歩約90分 振り返り:約30分)
⑤出張語り部:語り部さんが、皆様のもとに伺いお話をいたします。(所要時間:約60分)

◎語り部の申込み◎
 詳しくは下記添付している 「語り部プログラムのご案内」 をお読みのうえ「申込書」にご記入いただきFAXまたはメールにてお送りください。 申込確認後、2日以内に予約状況を確認しご予約の可否のご案内を差し上げます。予約状況により、お申込みをお受けできない事もございますので、予めご了承ください。

 語り部プログラムのご案内.pdf

 申込書.docx

 申込書.pdf


(社)みらいサポート石巻
E-mail:ganbappe+kataribe@gmail.com / TEL:0225-98-3691  語り部係まで

語り部の申込みについて

ボランティア活動に参加できなくても、たった1時間しか石巻での滞在時間が確保できなくても、
石巻に関心を持っていただく機会を作りたいとおもい、2011年秋より「語り部」を始めました。

現在、約10名の一般市民の方々にご協力いただき、ご自身の3月11日の体験について、
映像などを使用しながらホールなどでお話しをしていただいています。
個人の体験を語っていただいているので、内容は話し手によって異なります。

津波にのまれ九死に一生を得た体験をされた方。迫りくる津波から間一髪のところで逃げられた方。
取材先で被災されたメディア関係者の方。水産加工会社の方。学校の先生。
そして、肉親をなくされ遺体安置所を探し歩いた方もいらっしゃいます。
語り部の方は、お仕事をされている方が多いいため、
お申し込み時にご希望の語り部の方をお聞きする事が難しくなっております。
その点ご了承ください。

また、ご希望の方には「語り部」終了後、当団体のスタッフが皆様の乗られてきたバス又は
乗用車に乗せていただき、市内を60分程かけてご案内いたします。

2012年12月末までに、180回、約4400人の方に聞いていただきました。
足を運んでくださった方、そしてご協力下さった語り部の方には、心から感謝申し上げます。

「語り部」が皆様にとって、再度、自然災害、そして防災について考える機会となり、
次の自然災害への減災に繋がることを心から願ってやみません。

ご質問などのお問い合わせは、下記にご連絡下さい。

Eメール:ganbappe+kataribe@gmail.com
電話:0225-98-3691 語り部係まで