私たちのこと

団体概要

みらいサポート石巻は、2011年3月11日の東日本大震災発生後に発足した「NPO・NGO連絡会」の事務局機能からスタートし、2011年5月13日に前身となる「一般社団法人石巻災害復興支援協議会」として設立されました。

緊急対応期には、東日本大震災の被災者支援として石巻に駆けつけてくださったNPO・NGOや特別なスキルを持ったボランティアが円滑に活動を行うための調整やサポートを行ったほか、避難所の衛生改善事業、入浴支援事業等を実施しました。

災害救援から復興支援へとフェーズが変化するのに伴い「支援」という一方通行の言葉が石巻の状況に見合わなくなってきたことに対応し、2012年11月22日に「みらいサポート石巻」に名称を改め、石巻のより良い未来に向けた取り組みを行う地域のリーダーや団体と共に石巻を支える活動に移行しました。2015年7月1日には、宮城県より公益認定を受けて公益社団法人となり、現在は「震災支援の連携から震災伝承の連携へ」活動をシフトしています。

 石巻市では、国・県・市によって「石巻南浜津波復興祈念公園」の2020年度完成に向けた計画が進められ、一方で震災遺構として2つの小学校を保存することが決まったことなどを受けて、行政・NPO・専門機関が連携して震災伝承体制を構築する機運が高まっています。私たちは、東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市で設立した団体として、「つなぐ 未来の石巻へ」をミッションに掲げ、震災の体験や災害対応記録を伝え、防災意識を涵養するプログラムを提供するほか、健全な地域づくりを促進していきます。

名称 公益社団法人 みらいサポート石巻
電話 0225-98-3691
FAX 0225-98-3692
E-mail info@ishinomaki-support.com
所在地 〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目8番2号 2階

アクセス

より大きな地図で みらいサポート石巻 を表示

※2016年6月1日に旧事務所(立町1丁目3番29号)から移転しました。
現在の事務所の1階には、当団体の運営する震災伝承スペースつなぐ館があります。

 

沿革

2011年5月 一般社団法人石巻災害復興支援協議会(IDRAC)」設立
2011年9月 震災伝承プログラム(語り部講話)提供開始
2012年11月 「一般社団法人みらいサポート石巻」に改称
2014年4月 つなぐ館」開館
2015年1月 防災まちあるき」が地方創生に資する「地域情報化大賞」特別賞受賞
2015年4月 つなぐ館」移転・リニューアル
2015年7月 「公益社団法人みらいサポート石巻」へ移行
2015年11月 南浜つなぐ館」開館
2016年4月 南浜つなぐ館」移転
2016年6月 事務所移転

発行物

 

書籍
報告書
リーフレット