講演・シンポジウム

南海トラフ地震による甚大な被害想定が公表されていますが、 毎年のようにあちこちで自然災害が起きており、日本は「災害と共にある国」とも言えます。

東日本大震災のような大災害時に、ボランティアは、いつ、どこに行って、何を、どのようにすれば 良いのか・・。また、緊急期の泥かきのような「わかりやすい」支援ニーズが無くなった今、 石巻に長期滞在している支援者たちはどのように悩みながらどのような支援を行われているのか・・。

阪神淡路大震災から生まれたNPO(非営利団体)は石巻において、災害ボランティアセンターや地域の団体と、 どのように支援の在り方を変えてきたのか、NPOが果たした大きな役割にフォーカスしてお話ししています。

※震災の経験を話すプログラムではなく、震災時に活躍したNPO・ボランティアについての講演内容です。

詳しくはこちら