防災まちあるき

みらいサポート石巻では、東日本大震災被災地では初めて石巻津波伝承ARアプリを活用した石巻の
「現在・過去・未来」を紹介する「防災まちあるき」を行っております。

過去に実施した防災まちあるきの様子をお届けしています。

震災伝承プログラム参加者の増加

東日本大震災から5年を迎えようとする今、石巻を訪れてくださる方々が多くなってきており、語り部等の震災伝承プログラムの参加者推移について、ご報告させていただきます。

宮城県や石巻市全体で見ると、震災3年目頃から語り部ガイドの受入れ人数は減っており、当団体でも語り部や車中案内のお申し込みは2013年をピークに減少してきています。
一方で「防災まちあるき」や「語り部さんと歩く3.11」は、2014年に開始してから年々増加傾向にあり、風化が懸念される中でも、全体的にも参加者数が増加してきております。

宮城県語り部ガイド受入状況震災伝承プログラム別参加人数推移

 

 

 

 

 

 

左グラフ注記:みやぎ観光復興支援センターの調査結果を引用しています。
右グラフ注記:平成27年度は、3月分の予約数を含みます。他のプログラムと併せて申し込んだ場合、それぞれに人数が加算されています。

みらいサポート石巻では、2年前から「防災まちあるき」を行っています。日和山から中心市街地へ向かって石巻の街なかをスタッフと共に歩き、タブレット端末と専用のアプリを使って石巻の現在・過去・未来の様子や震災時の浸水深を参照したり、登録されている被災体験のメッセージを聞いたりしながら、震災やその後の復興街づくりについて学んでいただくプログラムです。

防災まちあるき iPad防災まちあるき

 

 

 

 

 

 

まちあるきで使用する「石巻津波伝承ARアプリ」は、復興事業が進み震災の痕跡が見えづらくなっていく中で、現在の街の様子と震災前や震災直後の様子をAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を活用して現実と重ねて体感いただくためのツールで、今月初めに東松島市・女川町や北上・雄勝・牡鹿の地点情報が追加され、より広範囲で使っていただくことができるようになりました。

当団体の防災士資格を持つスタッフ等が「防災まちあるき」に同行し、このアプリの説明に追加情報を加えて案内することで、震災を経験していない方にも、将来直面するかもしれない災害に備えるための防災教育として役立てていただければと考えています。

また、学校単位でのお申込みが増加していることからも、防災教育への関心の高まりが感じられます。小、中、高校生対象の防災教育プログラム「語り部さんと歩く3.11」では、小グループに分かれ、語り部さんが震災直後にたどった道を一緒に歩いて体験を聞くことができます。
まちあるきの後に参加者の地元のハザードマップを使い「自分ごと」として防災を考えるワークショップを試験的に実施するなど、今後も、震災の教訓を防災教育につなげるためのプログラムのあり方を探ってゆきたいと思います。

語り部と歩く311南浜  防災ワークショップ

カテゴリー: 防災まちあるき | コメントをどうぞ

地元高校生と一緒に行う震災伝承プログラム

先日、石巻工業高校の生徒12名(土木システム課)と一緒に、初めて「防災まちあるき」を開催しました。彼らは、高校で学んだ知識やiPadなどのICT機器を活用して地域の防災や減災活動に取り組んでおり、参加者として今年6月に「防災まちあるき」プログラムを体験していましたが、今回は、高校のiPadを活用して海外からの参加者をサポートする役割を担ってもらいました。

bousaimachiaruki

参加者は、ネパールから来られた都市開発や防災の政府関係者の方々。はじめは緊張した面持ちでしたが、すぐに順応し、石巻津波伝承ARアプリに入った地点写真とキャプション(英語版)を見せては、過去・現在・未来と移り変わっていく町の様子を持ち前の明るさと、片言の英語にジェスチャーを加えながら熱心に説明してくました。

bousaimachiaruki2

約90分のプログラムが終了すると、友達のようにお互いの肩を抱き合い記念写真などを撮る風景も見られました。生徒達の物怖じのない明るい応対はとてもすがすがしく、ネパールの人達は、震災を乗り越えてきた、子供たちの強さを感じたに違いありません。また、生徒さん一人一人の自信となったのではないでしょうか。

bousaimachiaruki3

今回のプログラムを通して、今後も自発的に地域の震災や復興状況を学び、外部の方に伝えていこうとする地域の方々を継続してサポートしていきたいと強く思いました。

※この模様は、11月5日(木)18:15~19:00 みんなのニュース(仙台放送)内の「いのちを守る」にて放送予定。

カテゴリー: 防災まちあるき | コメントをどうぞ

地方創生に資する「地域情報化大賞」特別賞

石巻市におけるGIS,AR技術を利用した「防災まちあるき」の取り組みが、総務省の地域創生に資する「地域情報化大賞」として表彰されました!

AR防災まちあるき

1月20日の地域情報化アドバイザー会議にて、94件の応募の中から一次審査を通過した13団体がプレゼンテーションを行い、その中から、「特別賞」に選定いただきました!

アドバイザー会議 プレゼンテーション

審査会場は全く知らない方々ばかりの中、石巻の皆様の協力にて実現した取り組みが総務省からご評価いただけたことは、本当に励みになります。
3月6日に表彰式とパネルディスカッションが待ち受けていますが、被災地石巻での取り組みをお伝えできればと考えております。

iPad公開アプリを使った「防災まちあるき」は、まだまだ試行錯誤の中の取り組みですので、引き続きプログラムの改善に取り組んでいきたいと思います。

地方創生に資する「地域情報化大賞」表彰事例の発表(総務省ウェブサイト)

*3月6日、東京ビックサイトで開催される「地域ICTサミット」にパネリストとして参加します。
総務省ウェブサイト

UN_DRR2015_logo bnr-civilsociety soumusyou_bunner

カテゴリー: 4年目の石巻, 防災まちあるき | コメントをどうぞ

NHKで防災まちあるき紹介

防災まちあるき取材今月から語り部のオプションとして開始した「防災まちあるき」と、
石巻津波伝承AR」アプリについて、NHKで紹介いただきました!

NHK仙台放送局「てれまさむね」
2014年3月28日放送 「震災の記憶を伝える」

復旧・復興事業が進む一方で大震災時の状況や経験を伝えづらくなっていく中、石巻の教訓が少しでも防災教育や震災伝承に役立てれば・・との思いで始めたプログラムを、わかりやすく番組でまとめてくださいました。
プログラムの開発、取材にご協力いただいた皆様に、改めて御礼申し上げます。

 

*「防災まちあるき」プログラムは予約状況によりお受けできない場合がありますので、事前にご確認くださいますようお願いいたします。(実施日の3ヵ月前より予約可能)

一般社団法人みらいサポート石巻
TEL:0225-98-3691 / FAX:0225-98-3692
Email:ganbappe@gmail.com

カテゴリー: 防災まちあるき | コメントをどうぞ

1 2 >