カテゴリー:私たちのこと

仮設支援連絡会(仮称)準備会

4月11日 仮設支援連絡会(仮称)準備会が開かれました。

2011年8月10日から始まり昨年度末までに59回を数えた仮設サロン 支援連絡会ですが、新年度からは石巻市社会福祉協議会の「地域福祉コーディネーター体制」もスタートし、地元主体の新たな支援の枠組みが形成されるなか で、NPOの連絡会についても時勢にあった見直しが必要となっています。

先日の準備会は、震災から3年目を迎え、連絡会に求める機能や役割に関する意見を積極的に発散してもらうワークショップとし、次回に参加団体の思いを集約するための素地作りを目的として開催しました。

(3グループでのワークショップを行い、テーブルごとにまとまめた成果を発表してもらいました。)

復興公営住宅・防災集団移転のスケジュールが見えてくる今年は、その準備の年としても重要度を増してきます。

支援活動の縮小を感じることも否めませんが、これまで活動してきたNPOによるコミュニティーの維持・再生だけでなく、現在も継続されている他の活動と地元の組織を繋ぎ、より良い関係を生み出す場になればと思います。

多忙の中、活発な意見交換を行ってくださった皆様、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TAG

« »