防災まちあるき

内容

石巻津波伝承AR」アプリを活用し、スタッフが一緒に街なかを歩きながら、石巻の「過去、現在、未来」を体験します。被災直後の映像、現在地の浸水深や被災体験談等に触れながらポイントを巡ることにより、津波の脅威を体感として理解することができます。また、川湊として発展してきた石巻の歴史や、復興事業等の街の未来のイメージもご紹介します。

※個人の被災体験等をお話しする「語り部」とは異なります。
※アプリには、英語と一部に台湾語(繁体語)の翻訳が付いています。

人数

1~40名(1グループ20名まで)

※41名以上の場合は、お電話にてご相談ください。

基本コース 防災まちあるきプログラムルート
所要時間 約90分
料金 5,000円/グループ(1グループ20名まで)

※1グループ当たりの料金です。
※【重要】2017年7月までは「震災の語り部」プログラムと併せてお申込みいただいた場合に「防災まちあるき」の料金を半額としておりましたところ、2017年8月1日申込み分より一律5,000円/グループとさせていただきました。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

その他

・タブレットは7台まで貸出し可能ですが、他の予約と重なる場合もありますので、個別にご相談ください。
・天候によっては中止にせざるを得ない場合もあります。お車で来られる場合には「車中案内」への切換えも可能ですので、悪天候が予想される場合は空模様を見ながら調整をさせてください。

お申込みはこちら

 

その他のプログラム