石巻ビジターズ産業ネットワーク

これまでの経緯

石巻ビジターズ産業ネットワークは、石巻地方の交流人口拡大を目的に2012年6月に発足しました。民間団体や企業の有志が月1回ほど集まり意見交換を重ね、2014年1月からは関連組織「石巻地方語り部・被災地ガイド連携検討会」で研修やテキスト制作を行ってきました。
2015年9月には規約を制定するとともに、「観光部会」「震災伝承部会」「後方支援部会」の3部会体制となり、現在に至ります。

「石巻地方でつくる震災学習の協働事業体制」コンファレンス

震災伝承部会では「石巻地方でつくる震災学習の協働事業体制」コンファレンスを継続的に開催しています。東日本大震災の最大被災地であり、震災学習のための施設やプログラムが多く存在する石巻地方において、震災学習に携わる個人や団体のより良い活動を支えるネットワークであり、協働事業体制構築に向けて共に試行錯誤するための連携・交流の場です。

●開催実績
第1回 2015年12月20日
「石巻地方の最新の震災学習の現状」講演、活動報告
第2回 2016年1月24日
神戸・中越への視察を経てワークショップ
第3回 2016年4月2日
ワークショップ(続き、情報の整理)
第4回 2016年5月24日
ワークショップ(続き、情報の整理)、今後取り組む施策の検討
第5回 2016年9月5日
情報共有(市の検討会議関連、震災伝承部会メンバーの活動、先進地の取り組み)
第6回 2016年10月27日
情報共有(市の検討会議・復興祈念公園関連)、ワーク「伝えている内容整理」
第7回 2016年11月14日
伝承内容整理の共有、今後の活動について議論
第8回 2017年1月26日
伝承活動を学び合う会①、情報共有、今後の活動について議論(続き)